CN EN JP KR
Location:Home > 重点園区 > 営口経済技術開発区
営口経済技術開発区

基本概況
営口経済技術開発区は国家レベルの開発区で、面積が268平方キロメートル、常駐人口が52万人です。2018年に全区のGDPは383億元、固定資産投資は71億元を達成しました。規模以上の工業増価は110億元を完成し、国内からの投資金額実績は65.6億元で、外資で完成した実績は7824万ドルです。なお輸出入総額は139億元に達しました。
産業ポジションニング
営口開発区は自らの区域、産業、交通、エネルギー、自然資源などの優位条件に基づいて、積極的に「四大センター」の建設を推進います。

産業園区
臨港工業園区
園区は開発区の主な市区から10キロの距離があり、臨港工業区の初期企画面積は35平方キロメートル、鋼材の精密加工関連産業と装備製造、航空新材料を主導として、「鋼港結合」の特色のある新型モデルを開拓しました。
濱海新興産業園区
園区の企画面積は19平方キロメートルで、健康食品、新型材料、新エネルギー、特殊輸変電を主体の発展方向として位置づけ、科学技術、サービス、金融、貿易、研究開発などの発展へも配慮を加えます。
現在、香港信義ガラスグループの省エネガラスプロジェクト、香港李錦記グループの无限極飲み薬の北方生産基地プロジェクト、新東北電気グループプロジェクト、宇宙飛行産業園新材料プロジェクト、華君医薬産業園プロジェクトなどのプロジェクトがただいま建設中又は既に生産開始しているのもあります。

港物流貿易園区

園区の総企画面積は10.36平方キロメートルで、その中、10.29平方キロメートルは港物流貿易園区として設計されています。営港路の両側に沿っている0.07平方キロメートルの土地を利用して、ハイエンドビジネスエリアとして計画されています。
現在、100億元を投資する予定の中糧食糧?食用油の精加工プロジェクト、100億元を投資する予定の和潤グループ埠頭プロジェクト及び食糧?食用油深加工プロジェクトなどの有名な内資?外資企業が既に園内に進出しています。

望児山風景観光地

望児山風景観光地は営口経済技術開発園区内にあり、周辺に望児山、青龍山、饅頭山、母親湖、熊岳河、二道河、熊岳植物園、国家李杏種資源園、熊岳温泉、遼寧農業職業技術学院、遼寧省果樹科学研究所、思拉堡温泉小鎮、何家溝スキー場などの自然と人文資源があります。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR