CN EN JP KR
Location:Home > 営口概況 > 西市街区
西市街区

基本概況
西市街区は遼東半島の浜にあり、区画面積は316.91平方キロメートル、常住人口は約20万人、沿海産業基地、営口市高新区、遼寧省自貿易区営口エリアは西市行政区のエリアにあります。
産業ポジションニング
臨空経済関連産業を重点的に発展させ、先進装備製造、配管?バルブ、織物服装、レジャー旅行、特色のある金融などの産業を発展させます。
臨空産業
営口蘭旗空港をめぐって、敷地面積4.46平方キロメートルの営口臨空産業園を開発建設します。園区は港、空港、「営?満?欧」という物流大通路を突破口として、空、海両港の優位性と発達した交通体系によって貨物の多様化連運体制を強力に発展させ、多様化連運できる総合的な物流ハブを構築します。

工業基礎
西市街区の工業プロジェクトの土地資源は豊富、国有工業建設用地は160平方キロメートルです。工業基礎が十分で、経済が発達しています。そして、工業は産業?業種がそろっているし、経済構造が合理で、すでに軽型織物製品、機械と金属製品、建築材料、石油化学工業、電子情報など五つの支柱産業が創立されています。全地区には各種類の企業が580社以上あり、そのうち二十数カ国と地域の投資家が西市区で130社以上の外資投資企業を設立し、投資総額は1億ドル以上です。楽器、自動車メンテナンス、配管バルブとの三つの特色産業は加速発展していいます。新エネルギー、新型材料、電子商取引、楽器などの新興産業の集約化の形成を加速しています。物流配送、電子商取引などのサービス業がますます増強しており、新型の近代沿海工業都市の特徴が明らかになっています。

観光資源
営口市西市街区の自然風景は美しくて、気候は穏やかで過ごしやすく、豊富な自然と人文の旅行資源を有しています。西市区は営口の発祥地であり、ここから河海文明が生まれ、初期の移民、宗教、民族の融合ができたところでもあります。「遼河老街」を中心とした百年の商業の町文化、西大廟を中心とした北方マヤ文化、華安を中心とした朝鮮民族民俗文化及び通恵門ーー双廟子を中心としたムスリム民族文化の多元文化が形成されています。東部には、東北四大禅林の一つとしての楞厳禅寺、百年の歴史を持つ清真寺があります。中部には、中国沿海の最北の海神皇后廟があります。西部には、湿地公園、西砲台、営口老街などがあります。南部には、今年開発された明湖広場などがあるため、海、川、林、古跡を一体化した観光資源体系を作り上げてきました。
特色のある金融業
平安路の商店街を中心に、営口市の特色のある金融圏を作っています。
特恵政策
営口市西市区は東北旧工業基地の振興、「一路一帯」、「遼寧沿海経済帯の開発開放」などの国家戦略優遇政策が集合している所です。プロジェクト、産業投資状況に従って、東北旧工業基地の改造優遇政策と遼寧省の「五点一線」開発優遇政策など多くの国家戦略投資政策と地方優遇政策を享受すると同時に、遼寧省の自由貿易区の営口エリアに関する優遇政策を受けることができます。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR