CN EN JP KR
Location:Home > 営口概況 > 站前区
站前区

基本概況
站前区は営口市の中心エリアとして、面積は85.04平方キロメートル、人口は30.5万人です。站前区は全市の政治、経済、文化、教育、商業貿易、金融センターであり、全市の最も成熟した実体商業態、最も完備した金融サービス、最高品質の教育、医療、養老、ショッピングなどの生活施設を持ち、また消費能力を備えた居住コロニーがあります。

投資優位性
站前は営口の中心エリアとして、営口の区域、交通、港、資源などの優位性を持つ以外に、全区は長年の発展を経て、食品飲料製品、ハイテク材料製品との二つ大工業産業クラスターと商業貿易、金融、電子商取引などの特色を持つ産業レイアウトを形成しました。全市において、「中央商貿商務クラスター区」、「金融サービス業クラスター区」と「電子商取引クラスターモデル区」の名誉を同時に所有する省レベルサービス業の集積区です。ここには、バドワイザービール 、コカコーラ、万達、テスコなどの世界500強企業とアリババ、テンセント、バイドゥなどの有名な通販企業を誘致し進出しました。

発展計画
站前区は新たな東北振興、営口自由貿易区建設など貴重なチャンスをしっかりつかみ、「一核二翼」の発展戦略を強力に実施しています。
「一核」をグレードアップして、主な都市区をコーアに、中央商業貿易、金融、電子商取引との3つ省レベルサービス業集中区の品質と効率の向上を重点的に推進し、新経済業態を大いにに推進し、営口人力資源サービス産業園、営口電子商取引ビルなどの環境に頼って、越境電子商取引、現代金融、知能物流、創業孵化、サービスアウトソーシングなどのプロジェクトの導入に力を入れます。

「南翼」を開拓し、営口(站前)科学技術革新軍民融合産業園を利用し、4.0平方キロメートルの工業用地を整理し、「産業チェーンを構築し、産業クラスターを創立し、産業生態を構築する」という革新モードに従って、新型材料と食品飲料製品などの産業を主な発展方向として、積極的に将来性のある站前工業発展の主要陣地を構築します。
「北翼」を繁栄させ、営口(站前)新興産業園を頼りに、全体の計画面積は19.38平方キロメートルです。主に1861文旅小鎮、商業貿易物流園区、北部田園総合体を基本とし、商業貿易、物流と文創観光業を積極的に発展させ、「一鎮一区一田園」という産業構造を創建するよう努力しています。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR