CN EN JP KR
Location:Home > 営口概況 > 老辺区
老辺区

基本概況
老辺区は、総面積217.55平方キロメートル、2018年の常住人口119645人です。将来、営口都市拡大の唯一収容区域であり、「塞外の魚と米の故郷」と誉められています。
 産業ポジションニング
冶金と周辺産業
冶金装備製造と鉄鋼深加工産業クラスターが既に形成されており、主な企業には五鉱営口中板有限責任公司などを含みます。
精密化工産業
老辺区はすでにファインケミカル産業クラスターが形成されており、主な製品はポリプロピレン促進剤、ポリエチレン促進剤、アクリルトリル促進剤、専用添加剤などの製品があります。
精密化学工業、医薬化工、促進剤、抗酸化剤の研究開発、製造、日用化学工業を方向とし、産業チェーンを伸ばすと同時に、化学工業園区全体の品質向上を目指します。
カーケア産業
既存の老辺区の自動車メンテナンス工業体系と自動車メンテナンス工業園区を頼りに、老辺区が世界の自動車メンテナンス産業の揺りかごの地位を際立たせ、東方自動車メンテナンスの都を作り上げます。老辺区にはすでに自動車用安全部品産業クラスターを形成しており、主な企業は中意泰達(営口)自動車保証設備有限公司などがあります。代表製品は検査診断設備類(車輪動バランス測定シリーズ製品、四輪測位器シリーズ製品)、リフトシリーズ設備類(剪定式、双柱リフトシリーズ)、大型車修理設備類、タイヤ着脱シリーズ設備類、金整形及び塗装設備類などがあります。
老辺区は三つのリード産業を基礎に、既存の産業と製品資源の統合グレード?アップを行い、新型建築材料産業、環境保護化工製品の開発生産、エネルギー変換材料の研究開発生産、記憶材料の研究開発生産、航空宇宙金属材料、炭素繊維材料、海洋工程合金材料などの新興産業を集中的に発展させます。

経済の発展
2018年に、老辺区地区の総生産額は203億元であります。
投資の優位性
土地資源
老辺区にある建設予備地は89.87平方キロメートルは、全体的な土地利用計画に基づき、2020年までの建設予備地はさらに7平方キロメートルを増加し、総規模は96.87平方キロメートルに達す見込みです。すべての土地の譲渡はいずれも見積?入札?公示との形式で譲渡されます。現在、工業用地の最低基準価格は288元/平方メートルです。
鉱物資源
老辺区の鉄鉱石貯蔵量は9000万トン以上です。
インフラ
老辺区の給水と汚水処理などのインフラが完備されています。66 KV変電所を12箇所あり、2018年に給電総合信頼率は99.891%、電圧合格率は98.84%、総合線損率は3.1%、様々な電気使用目的を完全に満足できています。

重点企業
五鉱営口中板有限責任公司、遼寧省陽科化集団、営口嘉晨燃化有限公司、営口風光化工有限公司、中意泰達(営口)自動車保証設備有限公司、営口大力自動車保証設備科技有限公司、営口金地球セメント有限公司。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR