CN EN JP KR
Location:Home > 営口概況 > 大石橋市
大石橋市

基本概況

大石橋市は営口南楼経済開発区、営口大石橋経済開発区の2つの省レベル開発区を持ち、総面積は1612.11平方キロメートル、総人口は69.5万人です。
産業ポジションニング
「中国マグネシウム都」と言われている大石橋は東北の旧工業基地であり、遼寧沿海経済帯と瀋陽経済区の重畳地帯に位置し、重要的に応援されているエリアであります。相次いて「国家マグネシウム材料産業化基地」、「全国科学発展百強県」などの称号を取得しました。
ここ数年、大石橋市は自身の資源優位性に立脚し、新?旧型のエネルギー転換を加速し、産業の転換とグレードアップを加速し、第三次産業の協調発展を促進しました。そして、ハイエンドのマグネシウム産業、新型建築材料、再生資源、装備製造、精密化学工業、農産物という六つの大支柱産業を育成し成長して、「実力のある城」を作り上げることに全力を尽くします。

発展目標
大石橋市は「モデル転換発展を推進し、現代化経済システムを構築し、実力のある大石橋を作り上げる」という発展目標を持って、貯蓄量によるグレードアップ及び増量による構造調整を促し、産業ランクを中等やハイエンドに邁進させ、経済成長のパダンを品質化と利益化に転換させます。産業レイアウトと構造を更に最適化し、三次産業の融合を促進します。東部では、農村の生態観光を大幅に発展させ、農村と農民の収入増加を促進します。西部では、引き続き稲加工集積区の建設を推進し、わが市を全国をカーバーできる東北高質お米の生産、加工、販売基地に仕上げます。中部において、中国マグネシウム都の物流園建設と電子商取引産業園の建設を加速し、電子商取引と物流の共同発展を実現します。都市区では、商業貿易、金融などの生産性サービス業の発展を加速し、小売市場体系の建設を加速し、龍街をはじめとする「一街四区」とのビジネス貿易集中区の建設を推進し、サービス業のモデルチェンジ?アップを促進します。
経済の発展
2016年に、大石橋市は全国の中小都市総合力百強県の中で60位にランキンクされました。2018年に、全市の地区総生産額は316億元、前期比6.6%増となりました(価格変更はなし)。

自然資源
全市では現在確認されている鉱物は27種類があります。その中に非金属鉱石は菱マグネシウム、滑石、ホウ素石、石灰石、シリコン石など21種類があります。貴重な金属と希少金属類の鉱物は金、銀、銅、コバルト、ウラン、鉄という6種類があります。うち、探知されたマグネシウム鉱の総貯蔵量は44.56億トン、「中国マグネシウム都」で天下に名を知られています。
大石橋市はもともと「三水の郷」(水稲、果物、水産物)と言われ、全国有名な高級水稲生産拠点です。国内に名を馳せる「営口米」、「営口蟹」はここから出産されています。全市には、農業産業化の重点リード企業が41社あり、その中に国家レベル企業が2社、省レベル企業が10社、営口市レベル企業が29社あります。国家レベル農業ブランド5つ、省レベル農業ブランド17つ、営口市レベル農業ブランド31つを持っています。

工業基礎の優位性

全市には3000社以上の民間企業があり、マグネシウム材料、新型建材、装備製造、石油化学工業、再生資源、服装加工の六つ大主導産業があり、マグネシウム産業のクラスター企業は600社以上があり、そのマグネシウム製品の国際市場に占める比率は40%以上、国内市場に占める比率は60%以上となります。また、国家新型工業産業モデル基地、国家マグネシウム材料ハイテク産業化基地、全省12大模範産業クラスターの一つです。
科学研究の優位性

全市の国家レベルハイテク企業12社、発明特許は126件を持っていいます。300社以上の企業と大学、科学研究院の緊密な科学技術協力関係を構築しています。2013年に国家科学技術部に「持続可能発展実験区」と認定されました。
インフラ
全市は現在、現代物流業、商業貿易サービス業、金融保険業、不動産業、文化観光業、ビジネスサービス業、農村とコミュニティサービス業を支柱とする八つ大サービス産業を構築しました。

重点企業
青花グループ、賽斯德、盼盼グループ、嘉晨グループ、金龍グループ、永壮グループ、金鼎グループ、豊華グループ、新発展グループ、群益グループ、菱マグネシウム化工グループ、遼寧中マグネシウムグループ、津大盛源グループ、呂氏化工、東邦冶金設備耐材、托田アルミニウム業、三特石油化工。
Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR