CN EN JP KR
Location:Home > 営口概況 > 鲅魚圏区
鲅魚圏区

基本概況
鲅魚圏区は遼東湾の北東岸に位置し、面積は268平方キロメートル、常駐人口は52万人、2018年に全区のGDPは383億元に達し、前年比5%増となりました。国内から導入した投資総額の実績は65.6億元、資利用した実績は7824万ドル、輸出入総額は139億元を達成しました。

産業ポジションニング
鲅魚圏区は積極的に「四大センター」の建設を推進しています。
東北アジア国際物流貿易センター
2018年に営口港は貨物取扱量3.7億トン、コンテナ運送量641万個標準箱を実現しました。北方糖業、阿达尼コールドチェーン物流などのプロジェクトが運営されています。遼糧集団、弘港食糧倉庫などのプロジェクト建設が開始しています。開発区物流貿易企業は2700社以上に達し、国家A級物流企業の数は50社以上にも上回り、全省県レベル都市A級物流企業数が最も多い地区であります。物流貿易企業は年間貨物価値が1200億元、税収が12.3億元であることを実現しています。
地域金融センター
2018年に区内進出した銀行は27社、全区の金融、類金融機関は170社以上に達しました。全区の人民元と外貨の預金残高は1215億元、21.5%増加しました。貸出残高は1288億元、11.7%増となりました。預金?貸出の残高は省内にある6つの地級市を上回りました。金融機関の税金は11億元に達しました。営口鉄源物流などの3社が遼株式交易版の革新層に上場しました。

東北レジャー観光センター
国家レベル観光リゾートの企画起案はすでに完成しました。2018年には受け入れた観光客は延べ1295万人、総合収入は118.9億元を実現しました。高速鉄道の鲅魚圈駅の乗降客数は295万人にも至ります。
先進的製造業中心地
鞍山鋼鉄の鲅魚圏の新工場は耐寒橋鋼の開発に成功し、国内の空白を埋めて、国際市場に進出したため、年間納税額は16億元に達しました。沈鼓透平会社は米国GEグループ、日本東芝グループの業務を成功裏に引き受けました。区内にある有効発明特許は63件、ハイテク製品の生産額は136億元に達しています。

地域の優位性
ハブ港
営口港は中国の最北部にある深水不凍港で、東北3省と内モンゴル東四盟までの一番近い出港口であり、瀋陽経済区の唯一の外港であります。現在、78つの生産用バースがあり、すでに世界50カ国と地域の140以上の港と運航を実現しています。区内多式聯運通関監督管理センターはすでに運営を開始しており、一回きりの申告、一回きりの検査、一回きりの通過を実現しています。
産業園区
臨港工業園区
開発区の北部に所在し、開発区の主な市区から10キロ、臨港工業区の初期計画面積は35平方キロメートルで、遼東半島中部におけるハイテク、近代化、国際化工業園区であります。鋼材の精密深加工セット産業と装備製造、航空新型材料を主導として、「鋼港組み合わせ」との特色を持つ発展新モデルを創始します。
臨港工業区には46社の企業がありますが、その中、規模以上(訳者注:年間売上2000万元以上)工業企業は10社です。
濱海新興産業園区
園区の計画面積は19平方キロメートル、敷地面積は6.5平方キロメートル、工業企業は126社、規模以上の企業は26社です。健康食品、新型材料、新エネルギー、特殊送/変電を主体とした発展方向に向かって、科学技術、サービス、金融、貿易、研究開発などを兼ね備えています。

現在すでに20億元を投資している香港信義ガラスグループの省エネガラスプロジェクト、15億元を投資している香港李錦記グループの無限極飲み薬の北方生産基地プロジェクトを持っています。

港物流貿易園区
総計画面積は10.36平方キロメートル、その中の10.29平方キロメートルは港物流貿易園区として計画されており、営港路の両側に沿っている0.07平方キロメートルのエリアはハイエンドビジネスエリアとして計画されています。
現在、すでに入園したのは10億元を投資しているシンガポールの益海嘉里の食糧油深加工プロジェクトです。


望児山景勝地
望児山景勝地は遼東半島渤海湾の畔にある営口経済技術開発園区内にあり、そして周辺に望児山、青龍山、饅首山、母親湖、熊岳河、二道河、熊岳植物園、国家李杏種質資源園、熊岳温泉、遼寧農業職業技術学院、遼寧省果樹科学研究所、思拉堡温泉小鎮、何家溝スキー場などの自然と人文資源があります。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR