CN EN JP KR
Location:Home > > 産業分布欄
産業分布欄

      「四基地一中心」、即ちアルミ製品産業基地、鋼鉄及びマグネシウム製品精加工基地、石油化工基地、食糧及び飲み物加工貿易基地及び物流と観光中心の構築に全力を尽くす。

       グローバルブルー経済の崛起にづれ、ニューラウンドの東北振興、新たな全面開放、一帯一路などの戦略チャンスを生かし、中国第八大港の港優勢、海洋資源優勢及び優れたエリア優勢を発揮し、遼東湾に根ざし、東北を始めとする全国に目線を広げ、一帯一路に向かって、国際競争力のある海洋産業の集約地を主旨として、港のインフラ、知的インフラと生態インフラをベースとして、臨海先進製造業と現代サービス業を重点として、営口港、自由貿易区、国家レベル経済技術開発区、国家レベル高新技術開発区及び遼寧(営口)沿海産業基地の建設をプラットフォームとして、製造業をフレキシビリティーのある専門化、インテリジェント化、グリーン化、ハイエンド化、サービス化、柔軟性化への発展を推進します。遼東湾港統合化との歴史的なトリガーをしっかりつかみ、営口産業の新旧モデル転換を加速し、「四基地一中心」を全力で作り上げます。将来、営口をブルー経済を特色とする高品質産業体系を構築し、海洋のハイエンド装備、新型材料、海洋現代サービスとの三大産業を最適化し、積極的に海洋生態と研究開発、快速消耗品、氷雪産業を育成させることにより、東北アジアの軽量化装備センター、国家海洋精密化学工業基地、全国の重要な海洋快速消費財生産基地、北方の重要な近代化港航サービスプラットフォーム、環渤海海洋健康及び海水利用産業基地、東北濱海観光療養目標エリアの構築に力を入れます。

1.アルミ製品産業基地:忠旺グループは、最初国内3つの町で同時に新工場建築 契約を締結しましたが、営口市との契約は一番遅かったです。しかし、営口市での工事が一番早く着工できて、それから生産の立ち上げも一番早かったです。現在、一期プロジェクトの投資は約709億元もあり、高精細アルミ、押出型材料、パネル用アルミ材料、軽量化自動車ケースなどの9つのプロジェクトが全面的に推進され、ますます工場規模が整えてきました。忠旺は「アルミ製品産業基地」のリーディング企業であり、営口はこの会社を基礎にして、さらに産業チェーンを作成したり、チェーンを補足したり、チェーンを強化したりするつもりで、上流/下流の企業が「大集計」する傾向が現れ、この大集計からはさらに大きな産業規模が生まれてくるであろう。

2. 鉄鋼とマグネシウム製品:国家工信部が発表した『2018年知能製造試行モデルプ ロジェクト公示』において、鞍山鋼鉄株式会社の鲅魚圈鋼鉄支社の『鋼鉄厚板知能製造試行モデル』プロジェクトはランキングされ、再度国家レベル試行モデルプロジェクトに入選されました。これも国内初の知能化製造モデルであり、人工知能を活用した中厚板生産ラインのモデルであります。ここ数年、グリーンの製造方法からグリーンを生み出す為に、鞍山鋼鉄株式会社の鲅魚圏鋼鉄支社は継続して製品を革新したり、絶えずに市場を開発したり、生産理念を変換したりして、ようやく国内の鉄鋼業界のリーダーとなり、毎年千万トンを超える高級鋼材の生産能力によって、営口はまさに中国鋼鉄重鎮となっています。大石橋は、「中国マグネシアの都」という呼び名がつけられましたが、「マグネシア都」は美しくなく、煙とほこりだらけの日々がつづいていました。ですから、「マグネシウム産業供給側の改革」というのは政府の決意であり、更に民間企業の共通認識と覚悟でもあります。企業は遅れていた生産能力を徹底的に解決して、マグネシウム合金、マグネシウム化学工業、マグネシウム建材などの高度加工製品を強力に発展させた為、営口においては、グリーンなマグネシウム工業全産業チェーンのモデルチェンジ?グレードアップの絵は殆ど完成しました。

3. 石化基地:営口沿海の最南部にある仙人島経済開発区には、中海石化の年間700万トンのDCCプロジェクト工事現場はあり、巨音が次々と起こっています。まっすぐに並んでいる重力機械は、重さ22トンのハンマーを地面にたたきつけ、300000平方メートルあまりの原料油タンクエリアの工事基礎を固めまています。原料油タンクエリアとは、この530億元もある民間資本巨艦プロジェクトの基礎です。中元融通投資有限公司は、遼寧に進出し、一気なり27社の会社を合併して再編し、中海石化プロジェクトは遼寧で長期発展できる「実体産業センター」と位置づけられています。

4. 食糧と食品飲料:「中国?ロージア食糧通路」というプロジェクトはすでに営口に定着し、食糧、食品などの優良資源に代表される多分野の国際経済貿易提携は、これから産業視野を大きく開くことが期待できます。一方、数年間において、急速に営口に集まってきた无限極、太古精練糖、バドワイザービール、コカコーラなどの企業は、営口食品産業発展の幕を開き、そしてコールドチェーン物流、包装などの産業の発展を牽引します。

5. 観光と物流中心:営口は港の優位性に頼って、「一帯一路」の勢いに乗って、東北アジア国際航路の中継地と東北アジア物流の都を構築し、貨物輸送、中継供給、倉庫保管配達、中継代理、補足加工、情報サービスなどの機能が揃った高効率運営で広範囲な物流経済体を目指します。営口は「河海がリードして、温泉が支えて、山岳地帯が崛起」との全域的な観光発展理念を確立し、海辺の娯楽レジャー、遼河口の商埠の文化レジャー、温泉療養リゾート、「三山一庫」生態観光などの様々なテーマを仕上げていきます。また、地方の奥底と優位性を発掘して美しくし、境界意識を打破り規模を大きくし、外部投資プロジェクトを導入し基礎を厚くして、このような対策で、豊かな観光資源を持っている町から強い観光産業を運営している町に発展していきます。2018年に、全市の観光収入は合計263.4億元を実現しました。 

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR