CN EN JP KR
Location:Home > > 地域優勢
地域優勢

経済地区の重ね合わせ優勢
営口は「一帯一路」の東海岸における「路」と「帯」の交差地域にあり、東北アジア経済圏の南西部に位置し、そして「中国?モンゴル?ロージア間の経済通路」の出航位置に臨んで、京津冀経済圏に隣接し、東北振興戦略重要工業都市であり、渤海経済帯の主要港都市でもあります。ここは中/韓、ロージア/韓、ヨーロッパ/韓国の貿易に対して、最も経済的且つ便利な通路として、瀋陽と大連との大都市の中間位置にあります。なお遼寧省自由貿易試験区の営口区域と営口総合保税区がこちらに所在しています。

海運交通の優位性
営口港は営口、鲅魚圈、仙人島、盤錦、绥中との5つの港区があります。バース総数は78カ所あり、最大の停泊能力は30万トンで、現在50以上の国と地域にある140あまりの港との運航関係が構築しています。2018年に、港で対応した貨物取扱実績は3.7億トン、コンテナ輸送量は648.7万個標準箱でした。
営口港は韓国釜山、仁川、日本関東、東南アジアに直行する対外貿易航路が4本あり、天津、大連、寧波にある3本の対外貿易支線を中継して、世界各地に行けます。このように、直行航路及び貿易支線を合わせて計30便/月以上の運行実績を持っております。
営口港は、既に中国ーヨーロッパの間の運行している列車を12本開通し、海外5カ国、9都市と相互輸送を実現しています。2018年に、海上と鉄路の連絡輸送実績は76.27万個標準箱を達成しました。とのことで、国内にあるコスト?パフォーマンスは最も高く、貨物量の集中力は最も大きい、生命力は最も強い市場化された中国ーヨーロッパ列車路線として運営されています。

陸地の交通の優位性
営口からは車で僅か90分の道のりで、瀋陽、大連などの遼寧省内にある9つの町に到着できます。高速鉄路に乗れば、瀋陽や大連まで50分、長春まで2時間、ハルビンまで3時間、北京まで4時間半しかかかりません。道路、鉄道貨物輸送の交通ネットが完備されており、省内、東北地方、全国の主要工業都市と原材料出産地までの移動はスムーズにできます。

航空運送交通の優位性
営口蘭旗空港はすでに上海(浦東)、深セン、広州、西安、成都、ハルビン、石家荘、太原、済寧、潍坊、煙台への直行航路並びに冬季限定の海口行航路を開通しましたが、これから北京、厦門、青島、昆明、重慶、杭州、天津、長春、南京などへの直行航路が次々と開通を予定しています。このように、海、陸、空の整備された立体化交通ネットにより、物流コストを大幅に削減し、物と人の流れが素早く集中に便宜を与えます。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR