CN EN JP KR
Location:Home > 重点園区 > 営口大石橋経済開発区
営口大石橋経済開発区

基本概況

営口大石橋経済開発区は大石橋経済発展のコアエリアとして、遼寧沿海経済帯の重点サーポートエリア内にある省レベルの開発区であると同時に、国家のマグネシウム材料ハイテク産業化基地及び国家新型工業産業モデル基地でもあります。園区の企画面積は20平方キロメートルで、新規材料産業、精密化工産業、装備製造産業及び再生資源産業を重点的に発展させています。

営口大石橋経済開発区の科学研究基礎は十分です。現在、中国科学院金属研究所、遼寧マグネシウム合金工程技術センター、遼寧科学技術大学などの科学研究院と戦略的に協力関係を構築しています。

産業ポジショニング

新規材料産業園の企画面積は約8平方キロメートル、マグネシウムアルミなどの有色金属の精密加工などの関連産業製品の品目を中心に、送電導電システム、アルミニウム合金製家具製品、アルミニウム合金の自動車部品、交通用工業アルミ材料などを重点的に発展させます。現在、すでに鋳造、圧延加工、精深加工を一体化した生産システムを構築できています。園区は、再生アルミ及び自動車用アルミ合金スピンドルを生産する企業「遼寧万泰アルミニウム業有限公司」、中国有名な商標企業である「営口賽斯德型材有限公司、」自動車全体配線束を生産する「遼寧中盛自動車ケーブル有限公司」及び「営口昌泰アルミ業」、「営口三三アルミ業有限公司」などの有色金属加工企業を20社以上持っています。

装備製造産業園の企画面積は約3.28平方キロメートルで、マグネシウムアルミをベースにした原材料の安全知能装備やマグネシウムアルミ合金設備など、排煙浄化、汚水処理、騒音抑制などをメインとする環境保護設、耐高温、耐高圧、耐腐食の特殊材料設備及び特殊用途の中小型部品及び工業セットモールド及び生産機械を重点的に発展させています。

精密化学工業産業園の企画面積は約3.41平方キロメートルで、伝統優位性のあるホウ素化学、マグネシウム化学などの無機化学工業、環境にやさしい新型肥料、高分子材料、高品質、低毒性、エコ型精密化工製品を重点的に発展させています。

再生資源産業園の企画面積は約5.51平方キロメートルで、営口地方における唯一の再生資源産業園として、自動車、廃棄金属、廃棄機電設備及びその部品などの一般廃棄物再生資源の回収?リサイクル及びアルミ泥、アルミ灰、v廃棄鉱質油と鉱質油成分を含む廃棄物などの危険廃棄物の収集、貯蔵、利用と処分を重点的に行っています。

インフラ

営口大石橋の経済開発区は地理的な優位性が顕著だし、交通便利だし、、インフラストラクチャーが完備されています。既に「四縦三横」という400メートルの間隔ある道路ネットが建設されており、汚水処理場、電力施設、ガス供給が全部整備されています。総合配管ネットは全域をカバーし、「七通一平」を実現しています。

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR