CN EN JP KR
Location:Home > 重点園区 > 営口南楼経済開発区
営口南楼経済開発区
基本概況
営口南楼経済開発区は、総面積が104平方キロメートル、総人口数が7.6万人です。1946年に大石橋マグネシウム鉱を創立し、新中国初のマグネシウム耐火材生産基地となりました。
産業ポジショニング
営口南楼経済開発区は国内の清華大学、北京大学など40を超えた大学及び専門学校と緊密な科学研究連携をとりながら、49種類のマグネシウム材料製品を開発して、省部級科学技術進歩賞、優秀新製品賞と技術特許などを獲得しました。製品は世界各地に販売されています。現在、ロシア、インド、韓国、オーストリア、日本など十数ヶ国からの外資系企業がこちらに進出し、工場建設を投資しました。今まで、区内に各種の民営鉱工業企業が600社以上あり、その中、マグネシウム耐火材料生産企業は500社以上で、鉱山採掘、耐火材料加工、建築材料生産、機械製造を始めとする四つの工業体系を構築してきました。
インフラ
営口南楼経済開発区に汚水処理場を新設し、汚水処理能力は1.5万トン/日(内訳:生活汚水は1万トン、工業汚水は5千トン)です。
重点企業
遼寧金鼎集団、遼寧中マグネシウムグループなどの20何社において、マグネシウム耐火材の生産能力、生産規模、技術装備レベル及び精密加工能力は既に国内外のトップレベルにあります。
Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR