CN EN JP KR
Location:Home > 重点園区 > 営口遼河経済開発区
営口遼河経済開発区
基本概況
営口遼河経済開発区は、営口市の主要都市区東南部に位置し、2008年4月に省レベルの経済開発区として設立され、総計画面積は30平方キロメートルです。開発区内に投資サービスセンターがあり、営口市と同級な審査許可権限を持ち、プロジェクト企業に対するワンストップ式の審査サービスを提供できます。投資したプロジェクトは営口市の各優遇政策を享受でき、重大なプロジェクトは一事一議という優遇政策を採ります。
産業ポジションニング
重点構築:自動車保護設備、自動車部品及び特殊改造車などの自動車アフターマーケット関連産業;現代倉庫物流配達産業、自動車アフターマーケットに関連する産業、クラウドストレージと第三、四者倉庫物流配達などの産業の建設開発;食糧加工、餌加工などの農副製品の深度加工産業。
産業基礎
自動車アフターマーケット関連産業
遼南徳威、瀚為科学技術、薩固密、奥捷特殊車などの企業をリードして、自動車メンテナンス設備、自動車部品及び特殊改造車などの自動車アフターマーケット関連産業を重点的に発展させます。
現代倉庫物流配達産業
営口伝化道路港物流有限公司をリードして、自動車アフターマーケット関連産業を中心に、クラウドストレージと第三、四者倉庫物流配達などの産業の建設を開発します。
農業副産物の深度加工産業
営口錦豪農貿有限公司、営口聖士実業有限公司をリードして、焙煎食品、肉製品及び豆製品の精加工、飲み物、調味料、農産物の精加工及び食品機械、食品包装などの付帯産業を重点的に発展させていくつもりです。
地方優位性
営口遼河経済開発区は特別に恵まれた土地資源の優位性を持ち、企画された工業プロジェクト用地は従来低産塩田であり、園区の総企画面積は30平方キロメートルで、うちの10平方キロメートルの開発建設は既に完成しました。
生産要素の優位性。
電力供給:園区に66万KVAの変電所が一箇所あります。水供給:生活用水、生産用水の提供能力は6万トン/日です。天然ガス供給:供給量能力は36万立方メートル/日です。
Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR