CN EN JP KR
Location:Home > 重点園区 > 仙人島経済開発区
仙人島経済開発区

基本概況
企画面積
仙人島経済開発区の行政企画面積は159平方キロメートルです。
産業ポジションニング
園区は「港の物流を大きく、エネルギー石油化を強く、浜海観光を美しくする」との発展の理念に従いながら計画を行ないました。港の物流、エネルギー石油化、浜海観光という3つのプレートの優位性を目立たせ、大型の臨港エネルギーの石油化産業のクラスターの形成を加速します。
経済の発展
2018年に工業生産総額は123.5億元、全体税収は5.2億元です。仙人島港区の取扱量は2000万トンに達しました。

投資の優勢性
園区に完備したインフラストラクチャーがあり、そして住みやすく観光に適する気候と環境、高速発展している産業及び全方位サービスを提供しています。
インフラ
交通:交通輸送は便利です。沈海高速道路、黒大道路、浜海大道、沈大鉄道、哈大高速鉄道旅客専用線は南北に貫通しています。
港:営口港務集団から出資して建設した仙人島港区は、現在30万トンの原油埠頭、5万トンと3万トンの石油製品及び液体化学埠頭、20万トンのバルク埠頭を設置しています。
埠頭:港区は現在既に使用開始された30万トンの原油埠頭が1ヶ所ありますが、2ヶ所目の30万トン原油埠頭を只今建設中で、さらにもう1ヶ所の30万トン原油埠頭を建築する予定です。
タンク置き場:園区は原油タンク置き場は700万立であり、液体化学タンク置き場は30万立であります。

公共配管配置:仙人島港区と仙人島エネルギー化工区及び各石化企業の間に15キロメートルもある工業配管装置を通じて、液体原料と液体製品のパイプ輸送を実現しました。
電気供給:2つの66キロボルト変電所と2つの220キロボルト変電所、及び接続している変電ケーブルは全て使用されています。華能営口仙人島の熱電工場の1期工事は10万キロワット/時間の発電力をもっているため、600トン/時間の工業蒸気の提供が可能です。
汚水処理:すでに完成した第二汚水処理場は一日あたり5000トンの処理能力を持ちます。一方、一日あたり10万トンの処理能力を持つ第三の汚水処理場は只今企画設計中です。
重点企業
営口康輝石化有限公司、華能仙人島熱電工場、中糧糖業遼寧公司

Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR