CN EN JP KR
Location:Home > 営口概況 > 営口概況
営口概況

中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区は、遼寧省営口市中心部の西側に位置し、実際の敷地面積は29.96平方キロメートルです。国家レベルのハイテク産業開発区を母体として開発し建設されました。区内に国家レベルの自由貿易試験区、国家レベルのハイテク産業開発区、及び国務院の許可し設立された総合保税区があり、「三ケ区」が重ねるメリットが考えられます。2018年に、規模以上の工業総生産額は84.3億元、規模以上の工業増加価は22.3億元を達成し、輸出貿易の売上額は21.9億元、輸入貿易の売上額は9.6億元を完成しました。2010年に国務院の承認を経て、営口高新技術産業開発区は国家ハイテク産業開発区に昇格し、計画面積は20.47平方キロメートルです。営口総合保税区は営口片区内にあり、計画面積は1.85平方キロメートルです。2018年12月27日に、国家各省庁の共同検収を通過しました。
発展の位置づけ:「1つの中心」、「2つの基地」、「1つのハブ」。即ち、港の核心戦略資源及び営満ヨーロッパ大陸橋を中心に、区域性国際物流センターとハイエンド装備製造、ハイテク産業基地を建設し、国際海鉄聯運大通りの主要ハブを構築します。
重点発展する五大産業:ハイエンド装備製造産業、商業貿易物流産業、金融産業、ハイテク産業と新経済業態、文化健康産業。
重点発展する三大業態:本部経済、プラットフォーム経済と「四新」経済(新技術、新産業、新業態、新モード)。
五つの機能ブロック:科学技術研究開発及び新興産業集積区、製造業の革新及びグレードアップモデル区、観光レジャー産業集積区、現代物流商業貿易産業集積区、プラットフォーム経済と本部経済集約区。
重点企業
営口片区が設立される前に、園区にはすでに1500社以上の企業を集めています。うち、中国五鉱集団、コカコーラ、ドイツマーラーなどグローバル的に有名な企業がこちらに進出されています。貿易区が開業して以来、5000社余りの企業が新規登録され、知能安全装備、省エネ環境保護材料、自動車部品を主導とする先進的な製造業産業体系が構築されました。一方、商貿物流、金融及び類金融、越境電子商取引、健康医療、科学技術サービスを主導とする現代サービス産業体系も構築しているところです。
自由貿易区の国際化、法制化、便利化というビジネス環境優位性を持ち、申請事項の審査が効率便利で、制度の革新が率先します。従来、企業開業に関する手続きの処理時間は65日間でしたが、現在2日の営業日に短縮されています。
Copyright:Yingkou Investment Promotion Bureau
Power by: Join Vision Network Technology Co., Ltd
CN EN JP KR